長生村の見どころ!

長生村は、昭和初期の頃までは湿原や原野等がひろがり、植物の宝庫と言われていたようです。特に湿地に自生する食虫植物は貴重なものだったらしいです。

その後、農地開拓事業が進められ、大部分の湿原は水田に。さらに、それに追い討ちをかけるように、湿原が宅地化・工業用地化され、次々と埋め立てられて植物にとっての湿原環境は急激に狭められてしまったのです。

昨日書いた記事の中で、尼ヶ台総合公園を紹介しましたが、そこの池に植えられている植物は、湿原植物の保護のために周辺の湿原から移植されたものだそうです。現在では、尼ヶ台総合公園の池の他、当時のままの湿原として鵜沼関と大関堰が残っています。

鵜沼関は地元の子供達の間では「ババ沼」と呼ばれていた(今はどうなんだろう?)今ではすっかりへラ鮒釣りのメッカになってしまってます。国道128号線沿いにあるので交通の便が良いのが特徴。また、車で訪れても駐車スペースも豊富にある(なんといっても村なので、基本的に駐車違反にならない)。公共トイレも設置されているし、池の周囲にわたって釣り桟橋や座が常設されています。こりゃ釣り人の天国だ! と喜んでいると、入漁料を徴収されるのでご注意を。

もう一か所の大関堰、こちらもへラ鮒釣りで有名だったらしいが、ゴミの不法投棄等により、水質の低下や環境破壊が進み、釣り人は鵜沼関へ流れていったようです。不法投棄によって荒れてしまった堰を回復するために、村や周辺住民が清掃活動などを行った結果、現在ではかなり回復している。平成10年から3年間で村の景観形成計画が実行され、730mの散策路や広場、デッキの整備や桜の植栽も行われました。地元の人達によるボランティアにより年数回の掃除が行われ、水辺を訪れる人が気持ちよく過ごせる環境を提供してくれています。駐車できる台数は多くないですが、駐車場もあります。また、桜の木が植樹されており、まだ小さい木ですが将来が楽しみです。桜の名所になって多くの人が訪れるといいですね。この堰の雰囲気が好きでよく行きます。ちょっとわかりずらいところなので、地元の人以外にはあまり知られていないところがいいです。冬には、このあたりから富士山も見えます。ここから見える富士山はとっても小さいです。同じ房総半島でも内房の木更津から見える富士山はとても大きいです。東京で見る富士山より大きく感じます。同じ房総半島でもこんなに違うのかとびっくりしました。釣りはしないけど、水辺の植物等を眺めてゆっくりされたい方は、是非大関堰に来てください。県道の役場入り口を役場方面に行ってすぐ右側にあります。いらっしゃればすぐにわかると思います。トイレはありません!

村長自慢の尼ヶ台総合公園!

尼ヶ台総合公園は、どこと言って特徴があるわけではないですが、平成元年にできた総合公園で、総面積10.5ヘクタールの広大な敷地は、自然の地形を活かした水と緑に包まれています。散策路で結ばれる公園内は、シンボルの時計塔や花壇、せせらぎなどが設けられ、丘の上のベンチではお弁当を広げる家族連れの姿も。完成した頃は、当時の村長(確か市原村長)の肝入りで出来た公園なので、「村長自慢の公園」と揶揄されていました。しかし、今になってみると、よくぞ作ってくれました! という感じですね。

スポーツ施設として野球場や運動広場、テニスコート、冒険子ども広場などもあり、子どもからお年寄りまで、誰もが健康づくりやスポーツを楽しむことができます。

以前は、村民運動会もここで開催されていましたが、開催されなくなって10年程経ちます。そのときは一周400メートルの陸上トラックがあったように記憶していますが、今は運動広場として一面芝?のような草原になっています。最近は五郎丸選手の活躍で、一躍ラグビーの人気が高まっていますが、この運動広場でラグビー教室のようなものを開催している方がいるのにはびっくりしました(結構高齢の方でした)。

我が家に孫が来ているときには毎日のように公園に連れて行きましたが、冒険子ども広場には3種類の滑り台やブランコなどの遊具があって、小さなお子様を連れた人達でにぎわっています。池には大きな錦鯉やカメ、鴨などの水鳥がいて、それらを眺めることができます。この池は、元々この地にあった沼地をそのまま残したもので、水面にタヌキモ(タヌキモ科)が自生しています。タヌキモは食虫植物で、自生地としては、県内で唯一ここだけとされ、とても貴重な存在なんだそうです。池の周囲には公園が作られた当時に植えられた桜の木もずいぶんと大きくなり、春には花見が楽しめます。

たぶん作られたものだと思うのですが、小高い丘(山?)があります。そんなに高くないのですが、頂上までのぼると景色の良さにはびっくりさせられます。どこまでも緑・緑・緑。ベンチやテーブルも用意されているので、お弁当を食べるのもいいかも知れません。

公園に隣接して農産物直販所があり、地元の農家の方が作った野菜等が販売されています。村内だけでなく村外からも多くの人を集めています。

難を言うと、少し駐車場が狭いことと(狭いのではなく足りてないってこと)、入り口が分かりづらいことでしょう。天気の良い日にはお子様を遊ばせるために、多くの人が訪れるため、満車状態のこともあります。これも、最近頻繁に行くようになってわかったことですけどね!

野球場やテニスコートは有料で借りることができます。その場合、村民と村外の人とでは料金に差がありますが、村外の人でも借りることは可能です。それ以外の施設の利用は、無料ですので、皆さんも遊びに来てください。

 

長生村の凄いところ!?

長生村のことはあまり知られていないけれど、えー!そうなのっていうことあるんです。自慢話しになっちゃうけど聞いてください。

その1、長生村は千葉県で唯一の村なんです。平成の大合併で他の村はみーんな合併して村じゃなくなっちゃいました。

その2、長生村は村なのに、長生郡のなかで一番人口が多いんです。それもそのはず、日本で7番目に人口が多い村なんですから。沖縄県中頭郡読谷村、茨城県那珂郡東海村、福島県西白河郡西郷村、沖縄県中頭郡中城村、同郡北中城村、茨城県稲敷郡美浦村の次なんです。どの村も有名な村ばかりですね!

その3、長生村の中には「八積」というJRの駅があるんです。自慢してはいけませんね。東海村には「東海駅」が、白河郡西郷村は日本で唯一、新幹線の駅(新白河駅)がある村なんです。沖縄には鉄道がないので駅はありませんから参考になりませんけど。

その4、「外房だから暖かい」はウソ。よく外房だから暖かいでしょ?と言われますが、というか引っ越す前まではそう思ってました。でも住んでみたら結構寒いんです。冬は北西の風がふくのですが、これは北関東の山から吹き下ろす風なんです。その間に山がないのでそのまま長生村まで吹いてきます。なので霜は降りるし、水たまりは凍ります。雪だって降るんです。引っ越して直ぐに大雪が降って、屋根の雪がいっきに裏の家の作業小屋に落ちて、屋根を破壊したのを今でも覚えています。それは、屋根に雪止めを設置していなかったからです。住宅会社の人も、ここは暖かくて雪が降らないから設置する必要がないと言っていたのです。当然隣家への賠償は、住宅会社にやってもらいました。

その5、村内の小学校の給食は、学校内の調理場で調理し、食事専用の部屋(教室ではない)で食べる。早く言えば食堂があるってことです。これは凄いでしょ!

その6、長生村文化会館にはプラネタリウムがある。また、700人収容のホールもある。このホールは隣の茂原市のホールがおんぼろなので、良く利用されます。

その7、テレビコマーシャルでも有名な、オーシャンスパ九十九里 太陽の里がある。ここの温泉は、天然温泉です。

その8、観光地かと思いきや、そんなに観光地化していない。北の白子町、南の一宮街にはさまれています。長生村をはさむ両町はりっぱな観光地になっていますが、なぜか長生村は観光地になりきれていません。また、そこが逆にいいところなんですね!
一生懸命考えたのですが、ここまでです! でもその7まで行けばりっぱでしょ!

長生村の海ってどーなの? どんなアクティビティがあるの?

長生村の海岸には一松(ひとつまつ)海水浴場があります。海水浴シーズンには、海岸に「海の家」が出現します。規制により通年設置が認められていないので、海水浴期間中だけの設置になります。シーズン中はライフセーバーによる監視があるので、安心して海水浴が楽しめます。この監視員がいるかどうかは大切な問題です。なぜなら、九十九里浜には、離岸流「水脈(みお)」が発生するので注意が必要です。この「みお」に遭遇したら、流れに逆らって陸へ泳ぐ着くことは、どんなに泳ぎが達者な人でも無理といわれています。海岸と平行に泳いで「みお」から避けるのが一番です。流されて沖まで行ってしまっても、監視員がいれば大丈夫!?
海に入るのは監視員がいる海水浴シーズンだけにしましょう!

また、海水浴シーズンには無料で観光地曳き網が行われます。以前湘南に住んでいたこともあるのですが、湘南海岸の地曳き網は、網をウインチで巻きあげるので、参加者は網に手を添えているだけでもいいですが、九十九里の地曳き網はそうはいきません。最初から最後まで、人の力だけで網を引き上げるので、時間もかかりますし、体力も使います。その分魚が採れたときの喜びは大きいです。

我が家がこちらに越してきた頃は、はまぐりも結構採れたのですが、今はさっぱりみなくなりました。

そんな楽しさを与えてくれる海岸なのですが、近年困ったことになっています。それは砂浜がなくなってしまうことです。昔は、海岸も広くて、海の家の数十メートル先に波打ち際があったのですが、砂が削れて昨年の台風の時には海の家が建っているところまで削られてしまいました。どうしてこんなことに? 最近の研究でやっとわかってきました。
九十九里浜の海岸は、北の屏風ヶ浦、南の太東岬が波で削られ、削られた砂が海流によって九十九里浜に堆積して、浜が保たれていたのです。削られる方も、これ以上削られては困るということで、テトラポットで護岸するようになりました。結果、砂の供給元が絶たれたことにより、砂の流出超過により浜がやせ細っていったということです。
どちらも困った状況なのですが、どちららにも都合がいい解決策が見つかればいいのですが!

3.11の東日本大震災のときには、旭から片貝あたりの海岸までは津波に襲われ、結構被害があったようです。長生村の海岸はほとんど津波が来なかったこともあり、被害はでませんでした。江戸時代にあった津波では、長生村内でも多くの人命が失われたようです。それらを記録した碑文も各所に見られます。

東日本大震災以降、津波対策が叫ばれ、海岸近くに避難山や避難所が建設され、今年完成したばかりです。海岸線を走る九十九里波乗り道路も、今年に入って強化工事が行われているため、現在通行止めになっています。今年の夏のレジャーシーズンは波乗り道路が使えないので来られる方は注意が必要です。

海岸の保全は村民の安全のためにも重要なことなので、もう少し我慢するしかないですね。


スポンサーリンク




ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

無限の可能性を秘めているぞ、九十九里浜

「長生人」の名前の由来を説明したときにも述べましたが、現在の住居は千葉県長生郡長生村です。九十九里海岸の一角にあり南は一宮町、北は白子町に挟まれています。サーフィンの一宮、テニス(最近はサッカーか?)の白子に挟まれて、いまいち特徴のない村になっています。しかし、人間の手がほとんど入っていない、自然のままの海岸線がこれほどの規模で残っているのは日本ではここだけ、世界的にも珍しいのではないでしょうか?

しかし、九十九里浜って面白い名前ですね。海岸線の長さが99里あるからなのでしょうか? その昔、源頼朝の命で1里ごとに矢を立てたところ99本に達したという伝承から「九十九里浜」と言われるようになったとの説が有名ですが、「九十九」は「多い」の意ともされますが、その場合だと「とっても長い海岸」ってことになるんでしょうね。しかし、古代の尺貫法では1里は6町(近代尺貫法では36町)であり、109(1町は約109メートル)メートル×6町×99里=約64.7キロメートル(実際の九十九里浜は約66km)なので、古代の尺貫法では実際にほぼ99里になるのです。 どうやら矢の本数が99本という説が正しそうですね。

昨年、大前研一氏が「いま最も魅力的だと考えている土地は房総半島の九十九里浜である」と発言しました。九十九里浜の景観がゴールドコーストと酷似していること、海岸はゴールドコーストの57kmよりも長く、近接する首都圏の人口の多さはゴールドコーストの15倍の3000万人。成田・羽田空港に近く、利用者数はブリスベン空港やゴールドコースト空港より圧倒的に多い。九十九里浜の海際には規制によって建物が全くない。これは何もなかった1960年代のゴールドコーストにそっくりなので、やり方次第で十分ゴールドコーストのようになりうるとの説なんです。その、やり方次第で大化けする可能性があるってことに、住民とすれば期待しちゃうわけですが、はたして誰が音頭をとるのか?。

しかし、首都圏の袋小路、房総半島(特に外房)に空港やあまり住民に歓迎されないような施設が出来なかったのが不思議なくらいですね。これだけ東京に近い地域なのに、よくもこの時代まで手付かずで残っていたのか不思議なくらいです。

大前研一氏が言うように、九十九里浜はゴールドコーストをモデルに、従来の日本型海水浴場ビーチの発想を排除して国際的ビーチリゾートを目指すべきだと思うのですが、ちょっと期待させることが起きています。
2020年の東京オリンピックで追加される競技が決定されようとしていますが、そのなかにサーフィンが入っているのです。今、一宮町が猛烈な誘致活動をしていますが、IOCのコーツ副会長も「千葉の可能性が最も高い」と言っているようなので、期待して見守っていきたいと思います。

オリンピックのサーフィン会場をきっかけに、国際的ビーチリゾート地となってほしいですね。


スポンサーリンク




ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月