海水浴シーズンもあとわずか

長生村にある海水浴場の一松海水浴場ですが。8月いっぱいやっていると勘違いされている方も多いようですが、8月21日までで終わりです。海の家の営業も終わりますし、監視員がいなくなるので、それ以降海水浴は出来ません。サーフィンするなら別ですが!

そう、海水浴シーズンも今集いっぱいとなりました。そんなところへいやなニュースが飛び込んできました。台風7号が関東直撃か? というものです。昨年の台風では、大波が海岸を襲い、大量の砂が削られてもっていかれてしまったのです。海の家の半分くらい土台がなくなってしまったのです。そんなことがあったので、今年は海の家が建てられるのか心配していましたが、大量の砂を投入して海の家を建てたわけです。今年は無事であってほしいです。でも台風さんももう少し待ってくれてればよかったのに?あと1週間なんですから・・・・。

海水浴シーズンが終わると、海の家は解体されて、整備されて部品として倉庫に保管されます。組立て→営業→解体→整備→保管→組立て→ というサイクルを毎年繰り返しているのです。まったく頭が下がります。常設の海の家があったら?と思うのは人の子なら当たり前ですね。しかし法律で規制されているようなので、認められていません。もう十年以上前になりますか? 九十九里町の浜に違法な常設海の家がありましたが、解体命令が下りてしまい撤去されるという事件がありました。他の町のこととはいえ、衝撃的に捉えられていましたね!

海の家の解体・保存が終わると、稲刈りのシーズンになります。海の家を営業している方は、ほとんど稲作もやっていますので、大忙しですね。

21日まで営業しているのは、ここ長生村とお隣白子町の海水浴場です。もう一方のお隣一宮町の海岸は、なぜか1日長い22日まで営業しています。九十九里浜にある海水浴場(大網白里市や山武郡の海水海水浴場)の中には8月31日までやっているところもあります。場所によって営業する日が違うのが面白いですね。海の家の経営者が農業もやってるかどうかで違うような気がしますが、本当のところはわかりません。

さあ、あと一週間無事に終わってほしいものです。海の家も採算が厳しいらしく、年々その数が減少しています。海の家がある風景は、夏の浜の風物詩でもあるわけで、これからも続けていってほしいものです。という私は利用したことがないのですが・・・・・。こういう輩が一番たちが悪いですね。


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

今日は暑い!茂原が全国ランキング2位

今日の関東地方は猛暑でした。強い日ざしに加え台風の影響で山越えの暖かい空気が流れ込むフェーン現象で午前中から気温が上昇しました。12時時点で羽田空港では38度に達するなど、各地で35度以上を記録しました。ちなみにその時点での茂原は37.3度で9番目に暑い地点でした。

午後になってさらに気温が上がって、午後2時には茂原で38.7度を記録しました。

やりました!体操男子団体で金メダル! 茂原の気温は全国2位! これはなにも目出度くないですね! しかしなんで茂原はこんなに暑いんでしょうか? 全国の暑い都市ランキングで、ちょくちょく上位に顔をだすようになったのは、ここ数年のことですよね。一体なにがあったのでしょう!

日本で暑い都市は内陸で盆地が多いのですが、茂原もどちらかというと内陸で盆地のような地形です。盆地は周りを山で囲まれて低く平たい地域。地表付近で温められた空気は上昇し、代わりに上空の冷たい空気が降りてくるのですが、盆地では山にさえぎられて冷たい空気が流れ込んでこないので暑いのです。さらに、盆地に都市があるとヒートアイランド現象で、さらに暑くなるのです。

ということは、暑い所というのは、盆地でさらに都市があること。この2つの条件で高温になるようです。盆地という特性は昔も今も変わらないとしたら、この暑さは都市化が原因ということになりますね! そういえば、ここ数年で茂原も急速に都市化が進んでいるように感じます。茂原の暑さの原因はそこなんですね! 今日も帰りに車の温度計では、茂原で32語でしたが、長生村では28度でした。僅かの距離ですが4度も低いことになります。

いくら暑いといっても。世界にはもっと暑いところがあるので、これくらいは我慢しないといけないのかも知れませんね! というか、もっと暑いところがあるということで少し気持ちが楽になるから不思議です。
私の姪がアメリカのアリゾナ州フェニックスに住んでいますが、夏は40度以上の日はざらで、炎天下に駐車している車に水をかけるとフロントガラスが割れることがあるといってました。日本で寒いところに寒冷地仕様の車があるように、アメリカではアリゾナ仕様の車があるそうです。もちろん暑さ対策をしてある車です。日本ではいくら暑くてもボンネットで目玉焼きはやけないがアリゾナでは焼けるというから驚きです。

なんて話を聞けば、少しは暑さも我慢できるのでは(えっ!余計に暑くなった!)ないでしょうか。 そういえば、水槽で泳ぐ金魚を見て涼しさを感じるのは日本人だけだそうです。風鈴の音でも涼しさを感じますしね! 日本人は、視覚・聴覚で体感温度をコントロールすることができる天才ですね。それらの感覚を総動員して、少しでも涼しく暮らしてみたいものです。


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

台風5号の影響は?

日本の東海上を北上している台風5号は、海上では高波や強風に十分注意する必要がありそうですが、地上ではあまり影響が内容でよかったですね。

とはいっても今朝の通勤時間。私が家を出るときに少し雨が降っていましたが、茂原駅まで向かう途中、猛烈な雨に遭遇しました。前があまり見えないくらいでした。茂原駅に到着してもまだ雨はやまないので傘を持って電車に乗車。

下車駅の錦糸町が近づいてきました。ふと表を眺めると、青空が・・・・、しかも日が照っています。電車の乗客を見るとほとんどの人は傘を持っていません。持っている人はみんな茂原から乗った人です。

まいったな~~と思いながら傘を手に電車を降りましたが、今回の台風はさっきの雨が最高の天気の崩れだったのかも知れませんね。明日も天気予報では結構良い天気らしいです。

台風の影響が大きいと災害が発生するわけですが、過去の台風被害と言えば、記憶にある最大のものは、外房線の大網駅から千葉へ向かってトンネル手前、台風の大雨で盛り土が崩れ線路下の土がなくなるという事故がありました。あれは何年前のことなんだろうとネットで検索してもヒットしないので、正確な年はわからないのです。大抵のことがネットで調べられる時代になりましたが、私の経験したこの災害はどう検索しても調べられませんでした。私の記憶によれば茂原の竜巻より数年後だったと思います。
その事故から数年は土気~大網間は単線運転でしのいでいました。トンネルの出口から大網駅間は、相当高いところを通過しますが、過去に単線から複線化するときに、後から盛った土が崩れたのだとばかり思っていたら、単線時代はトンネルも現在のトンネルとは別ルートを通っているので、私の思惑は大はずれでした。

その後本格的な復旧工事のおかげで(コンクリートで固めたのり面)雨が降ったときの通行規制の基準が引き上げられました。それまではちょっとの雨でも運転取りやめになっていたので、長い目で見ればよかったです。外房線のウィークポイントはもう一箇所、本納駅の茂原側にある踏み切り横にある水路が大雨ですぐにあふれ出し、本納駅構内の線路が水没して、電車が不通になることが多かったのです。ここも排水路の改良工事により、冠水することが少なくなったんではないでしょうか。

茂原から東京まで外房線を利用しての通勤を続けて約25年、台風の影響で電車が止まって千葉から、蘇我から、誉田から、大網からバスで帰ったことも数回。まあよく止まってくれました。今では強風が吹くとすぐ止まる京葉線よりは信頼できる路線になりました。


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

異常気象?

8月1日の関東地方は大気の状態が不安定になっていて、雨の降りやすい空模様になっていました。晴れていたかと思うと、一瞬にして真っ暗になり大雨。そして、また晴れ。結構ネットでも話題になっていた「スカイツリー周辺で雨柱が」ですが、職場がスカイツリーの近所なので見ることができました。黒い雲がまだら模様に垂れこめていてとても不気味な空でした。

雨柱といえば(雨柱という名前は今日始めて知ったのですが)だいぶ昔に河口湖でくっきりとした雨柱を見たのを覚えています。湖岸の道路を走りながら湖面を見ると、湖の真ん中あたりだけに雨が降っていて。その周辺は晴れていたのです。ものすごい不思議な光景だったので今でも目に焼き付いています。

今日は千葉県にも大雨,洪水,雷,竜巻 の注意報が出ていました。竜巻といえば1990年に発生した茂原の竜巻が有名です。1名の方が亡くなり負傷者73名、全壊82戸、半壊161戸、一部損壊1,504戸という被害で、当時は戦後最大の竜巻被害と言われていましたが、その後それを上回る竜巻が度々出現しています。

茂原の竜巻は結構近くで体験しているので、少し述べて見たいと思います。当時は長生村に引越してきて1年が経過していました。通勤電車にも慣れ、その日も外房線直通の快速電車で家路についていました。確か茂原に19時17分位に茂原駅に到着する電車だったと思います。大網駅を定刻で発車した電車は、勾配を下り永田駅を通過して直ぐに車両の照明が消えました、電車は暫く惰性で走り続けましたがやがてゆっくりと停車。車内の照明は1両に1灯の非常灯だけでした。社内放送では落雷による停電で停車しているとのことでしたが、1時間が過ぎても、2時間が過ぎても、なにが起きているのか全く知りませんでした。3時間を過ぎた頃でしょうか、「通勤途中のJRの職員の方がいたら車掌室へ来て下さい」との車内放送が流れました。何だろう?と思っていると、暫くして「当列車は運転再開の見込みが立っていません、乗客の皆さんは最後尾車両のドアから外へ降りて下さい」との放送がありました。先ほどの「通勤途上のJRの職員」とは、乗客が列車から降りる手伝いをする人間を呼んでいたのでした。

最後尾車両まで行って、列車から降りる番がきました。いつもはホームから降りているのですが(あたりまえですね)列車のドアから線路上って結構高いのです! ちょっと躊躇しましたが下で待つJR職員のかたの手をつかんで、ほとんど飛び降りるようにして線路上に降り立ちました。列車が止まったのが永田と本納の中間(少し永田寄り)でしたが、救援バスが本納駅に来るということなので、線路わきの道路を歩いて本納までいきました。本納駅では既に救援バスが来ていて、順番に乗り込みました。

バスが走りだして暫く、みんなはなにが起きたのか知らなかったので、バスの中ではみんな口々にJRの対応の悪さを話していました。そんななか、ラジオを聞いていた一人が、「茂原に竜巻が発生して大変なことになってるらしいぞ!」と叫びました。それまで文句ばかり言っていた人達の口が、自分の家は大丈夫か?家族は無事だろうか? 家族を心配する言葉に変っていたのです。

バスが次の駅である新茂原に到着して何人かが降りられて、再び茂原駅に向けて出発してから直ぐに、あたりの風景が一変したのです。さらに進んで市街地にはいって行くと、屋根が無くなっている家やひっくり反っている商店、ガラスが全部割れたビル・・・・それは悲惨な状況でした。やっと茂原の駅に到着したのが午前0時過ぎでした。

ちょうど茂原と新茂原の途中にJRの変電所があるのですが、そこが竜巻の被害に遭って電気が供給できなくなったことで、その日から3日間ほど外房線は不通になりました。おかげで公欠扱いで休むことができたのです。あれからもう26年も経つのですね!


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

夏は暑い!でも長生村は都会より涼しい!

梅雨が明けて連日暑い日が続いています。熱中症にならないように注意しないといけませんね。今日は茂原の七夕の最終日です。なんだか以前のような熱気が感じられないのは、自分が歳をとったせいでしょうか。子供が成長して大きくなると、わざわざ七夕祭りまで行こうという気にならないのも事実です。茂原駅のホームから、駅前を見ると七夕の飾りが淋しい感じに見えます。メインの会場が昔と違うのでしょうか? ここ数年行ったことがないのでわかりません。

昨日は、仕事の帰りに茂原駅を利用したのですが、「もばら踊り」のJR蓮の方々が整列しているのを見ました。まだ陽も高いので、気温もかなり高めだったです。私の「さんさ踊り」の経験からすると、かなり厳しいですね。水分を摂取して熱中症にはくれぐれも注意したいものです。

茂原といえば、長生村に比べれば内陸になるのですが、海から僅か8Km足らず内陸なだけで気候もすっかり内陸性気候です。なので晴れると午前中から温度計がウナギ登りです。最近お昼前の天気予報で、関東地方も暑いですといって各地の気温が表示されますが、千葉県茂原市XX度といった具合に、関東で一番の暑さになってることが多いです。午前11時以降は、その他の地点に負けてしまうのですが、午前中は暑くなるのが他の地域より早いように感じます。

長生村は海岸に面しているので、海洋性の気候になります。昼間あたたまりやすい陸地とあたたまりにくい海上。この温度差によって海から陸に向かって「海風」が吹くのです。そして夜になると反対に陸から海に向かって「陸風」が吹くのです。海風と陸風が切り替わる時間帯は無風になって(凪ぎ)暑くなりますが、暫くするとまた風が吹くので涼しくなります。どんなに暑い日でも、午前0時位になると、陸風が吹き始めて涼しくなるのです。私達夫婦の寝室も、今までクーラーなしでやってこれたのも、こういった地域だからこそですね。昨年、暑くて寝れないでしょ!と言って子供が勝手に寝室にエアコンを付けてしまいました(感謝しています)。昨年はあまり使わなかったのですが、今年は、割と早い時期からエアコン入れて寝るようになってしまいました。人間楽をすると元には戻れないものですね。もう寝るときにエアコンなしなんて考えられません! なんだか堕落したようでいやなのですが・・・・。複雑な心境です。

そうそう、我が家のまわりが水田だというのも涼しい原因ですね。夜水田の水分が蒸発して気化熱を奪うので、都会と比べたら大分気温が下がります。ヒートアイランドとは無縁です。 海が近いのと、水田に囲まれている(アスファルトがない)。この2つの原因でより涼しく過ごすことができるのですね。


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月