上野夏祭りに参加して

昨日も報告しましたが、7月23日に開催された上野夏祭りパレードに参加しました。今年で5回目の参加です。参加演目は「さんさ」です。そのなかでも篠笛を担当しています。なんで篠笛なんかやっているか、経緯を書いておきたいと思います。

私の勤務する会社が上野夏祭りでさんさに出場したのは何年前だか知りませんが、10年は経っているでしょう。たまたま一緒に仕事をしていた方が、踊りの責任者をやっていたのですが、笛をやるメンバーがいなくて困っているという話を聞かされていました。太鼓を叩くメンバーはそこそこいるのだが、なかなか笛のなり手がいないということでした。私が楽器の経験者だということはその方も知っていたので、再三「やらない?」とお誘いの言葉をかけていただきました。そんなに困っているんじゃ、いっちょ助けてやるか! ということで引き受けることにしました。

やる前は、そんなに難しいもんじゃないだろう、と思っていましたし、引き受けるときも、簡単だから・・・・と大風呂敷を広げてしまいました。なので、当初はけっこう真剣に取り組みました。練習を重ねてなんとか笛を吹くことはできるようになりました。それで終わりかと思っていたのが大間違い! 当時の笛のリーダーだった方から、吹けるようになったから、今度は足をつけて踊ってみましょう、と言われた時には目が点になりました。えっ、そんなこと聞いてないよ! と抵抗したところでもう手遅れです。

なんとか吹ける段階で、足の動きをやると、どちらか一方しかできないのです。笛のことを考えると足がついていかないし、足のことを考えると笛が吹けないし・・・・。これはまいった! ちょっと甘く考えていた自分を後悔しました。しかし、習うより慣れろとはよく言ったもので、練習を重ねるうちになんとか笛を吹きながら踊れるようになりました。さんさ踊りは、太鼓・笛・踊り手がいますが、基本的に全員足の動きは同じです。さんさ踊りの踊りはけっこうハードだと思います。それが、太鼓や笛を演奏しながら飛び跳ねるような踊りをするのですから、もう大変です。私が参加するようになってからは、パレードは夜暗くなってからなので、かなり涼しくなっていますが、以前は、昼間の時間帯に行っていたので、かなりの暑さで、途中でダウンしてしまうメンバーもいたようです。

ちょっと笑い話のようになってしまいましたが、私が「さんさ踊り」の笛をやるまでの顛末を書いてみました。参加した最初の年は、本場盛岡のさんさはどんなものか見学にいきました。盛岡じゅうがさんさの熱気につつまれて、それはすごかったです。ちょうどその年に平泉が世界文化遺産に登録されたこともあり、見学してきました。今年は上野の国立西洋美術館が世界文化遺産ということで、なんか不思議な縁を感じますね。

あっ! 大事なことを忘れていました。私が初参加の年は東日本大震災のあった年でもありました。被災地へ多くの警察官が行っている関係で、パレードの警備ができないので、中止にするという話もありましたが、規模を縮小して開催されたのでした。また、盛岡へ行ったのも、復興支援のため多くの人が東北へ行って下さいとの要請があったからでした。今年は熊本で大地震が発生しましたが、熊本・大分旅行が政府からの支援金で70%引きになるそうです。被災地に旅行に行くだけでも復興支援になると思いますので、今年は熊本へ行きましょう!


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

夏祭り

昨日は、うえの夏祭りパレードに参加してきました。うえの夏祭りは今年で33回目の開催となります。1982年に東北・上越新幹線の開通を記念してパレードが始まったのがはじまりで、当初は「東北・上越ふるさとまつり」と呼ばれていました。新幹線各駅の良い所をアピールするために、秋田の竿灯まつり・青森のねぶた・盛岡のさんさと、主に東北のまつりが取り入れられています。なかでも一番出場の多いのが「さんさ」です、今年も7つの団体がさんさで参加していました。なにを隠そうう私もさんさのチームでの参加です。「サッコラチョイワヤッセ」と掛け声も元気に踊れば気分も最高です!昨年と一昨年は雨に降られ(特に一昨年はスコールみたいな雨でした)ましたが、今年は雨なしで気温も低く気持ちよく踊れました。

今年は、国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されたこともあって、一層の盛り上がりでした。3年ぶりに晴れたのも良かったのかもしれません。

さて、夏まつりといえば地元の茂原では七夕祭りが今週末開催される。茂原の七夕は、関東三大七夕祭りの1つに挙げられるほどにぎやかで、来場者数も県内1位を誇ります。七夕の飾り付けもいいですが、やはりメインは「もばらおどり」のパレードです。最近では「もばら阿波おどり」と改名したそうですが、内容は今も昔も阿波おどりです。地元の蓮や東京高円寺阿波おどりからも参加しているようです。 会社からの帰りに茂原駅に着くと、高架下でJR蓮の人達が練習しています。その音・掛け声を聞くと、祭りが近いと感じます。そうそう、茂原の七夕は毎年隅田川の花火大会とかぶるのですが、ことしも見事同日です。

花火といえば、茂原七夕祭りが終わると、翌週の8月6日は「一宮町納涼花火大会」がお隣の一宮町の海岸で開催されます。約5000発の花火は規模としてはそんなに大きくないですが、優雅な水中花火や尺玉10連発や二尺玉など、大型の花火が上がるのが特徴です。二尺玉が打ちあがると地が割れるのではないかという音・振動が大迫力です。でも、心配は天気です。雨が降っていなくても雲が出ると、大型花火は雲の中で開き、音はすれども姿が見えぬということが結構多いのです。せっかくの大型花火、クリアにみたいものです。長生村の海岸あたりから眺めるのが結構穴場かも知れません。海岸への道路は年に2回渋滞するのですが、一回は正月元旦に初日の出をみるため、もう一回が花火大会の花火見物のため。どれだけ花火大会が人気かわかるでしょ!


ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月

私が目撃した歴史的イベント&建造物

私が体験した歴史的イベントといえば真っ先に挙げられるのが東京オリンピックでしょう。小学生の時でした。開会式に行われたブルーインパルスの五輪の輪は直接肉眼で見ましたし、聖火リレーも見ることができました。小学校が国道20号線の近くにあったので、全校生徒でマラソンの応援に行きました、哲人アベベ選手の走りに感動したのを覚えています。

当時マラソン中継で新技術が使われました、テレビ中継車から上空のヘリを経由してNHKまで電波を飛ばすことで、マラソンの同時中継を実現したのです。そのために中継器を載せたヘリコプターが、近くのNHKのグラウンドまで試験飛行&着陸を繰り返していました。

NHKのグラウンドは、NHK職員の福利厚生施設ですが、大河ドラマの「忠臣蔵」の討ち入りのシーンはこのグラウンドで撮影されました。撮影は深夜だったのですが見に行ったのを覚えています。吉良邸のセットの見事さにはびっくりしたものです。

その他、国立西洋美術館に、ルーヴル美術館からミロのビーナスが来たときには、大騒ぎでした。朝から並んで、中に入れたのは閉館間際、8時間並んでやっと見れたときは、感激するより疲れきっていました。疲れた記憶しかないのが悲しいです。同じようにモナリザも日本で見ました。これは、美術の教科書に載っているより色鮮やかだったことに驚きました。海外から有名な美術品が来ると、必ず母が連れて行ってくれました。今になってみれば感謝です。

建設中の歴史的建造物を見たのは、先日も紹介させていただいた関空が挙げられます。完成まで見れなかったのが残念なところですが、建設が始まったころだったですね。海岸からだんだん杭が沖に伸びていく様子を思いだします。

もうひとつは、東京スカイツリーです。錦糸町の駅を降りて職場へ向かう道は、まるでスカイツリーを目指して行く感じでした。なので、建設中は毎日チェックしていましたねー。 第1展望台から上は、スカイツリー本体に3本のタワークレーンを立てて作業していました。 あのクレーン、最後はどうなると思います? タワーが出来上がると、1本のクレーンで残りの2本のクレーンを解体して地上に降ろします。次に少し小ぶりのクレーンを設置して、残った大きなクレーンを解体します。さっきの小ぶりなクレーンよりさらに小ぶりなクレーンを設置して、少し大きいクレーンを解体します、以上の手順で何度解体・設置を繰り返し。最後のクレーンは、解体すれば人間の手で運べる程小さいものになります。人が手に持って、展望用に設置したエレベーターで運び出しますl それらの工程を毎日観察出来たのです。これは結構感激しました。 もう1つびっくりすることがあります。第2展望台より上は、アンテナ部分ですが、この部分は建設中はタワーのなかで組み立てられ、出来あがってから少しづつ引き上げれられて、634メートルになるまで中から繰り出されていったのです。 このように毎日見ていると、建築方法も見えてくるのが面白いですね。 あの頃は、自称「現場監督」が沢山いました。何を隠そう私もそのうちの一人だったんですよ(笑)。


スポンサーリンク




ブログ過去記事一覧
2016 7月 8月 9月 10月 11月 12月
6月